BLOG

関係改善のための、認識の具体例

先日書いたこちらのブログ

自分の「認識」が他者との関係を作るのはわかったけども、

男女間、夫婦間におけるなんか理想の一例ない?

との質問をいただきましたので、回答します。

あくまで一例です。

<男性向け>

Aさん(実際の名前入れたほうが効果的かもしれません)は・・・

あなたを信じたくて、頼りたくて、ついていきたい、ひっぱてほしいと思っている存在です。

男性は俺に黙ってついてきてほしいと思う生き物です。

「はあ~!?じゃあ黙ってついていきたくなるくらいの金と実績持って来いよ!」という声が聞こえそうですが(;^_^A

そして、たぶん男性は「どうしてついてきてくれないんだろう」と嘆いています。

理想はそう思いたい、でも現実はそうではないから、今この瞬間の「認識」は全然真逆だったりします。

自分はいつだってパートナーをそう認識する。パートナーがそういう存在であるとして扱う。

相手は変えられません。変えられるのはいつでも自分だけ。自分の「認識」が相手を変える。

少しでも今と変わった関係性を築きたいのならば、自分の認識を変えてみてはいかがでしょうか。

<女性向け>

Bさん(実際の名前入れたほうが効果的かもしれません)は・・・

あなたの役に立ち、あなたを守り、あなたを楽しませ、喜ばせ、幸せにしてくれる存在です。

あなたにお金を持ってきてとかを入れてもいいかもしれません(;^_^A

お互いがこんなふうに認識しあえる夫婦がいるかはわかりませんが、そうできたら素敵でしょう。

関連記事一覧

最新記事